自らの力量を高めるために、切磋琢磨し、支え合う小学校長会

岐阜県小学校長会
会 長 服部  照

 

このたび、県小学校長会の会長という重責を担うことになりました。微力ではございますが精一杯務めさせていただきますので、どうか、ご支援をよろしくお願いいたします。

さて、本年度も、昨年度に引き続き新型コロナウイルス感染防止に配慮しながら、学校経営を推進していくことが求められています。これまで当たり前にできていたことが、当たり前でなくなった状況において、それぞれの校長先生方が智恵をしぼり、様々な工夫をされている毎日だと思います。今回のことは、まさに「想定外の出来事」でした。

しかしながら、新型コロナウイルスへの対応は、これまでの教育活動の在り方を根本から見直すよい機会となったことも事実です。例年、行ってきた活動のねらいは何だったのか。本当にその活動が必要なのか。別の内容や方法でねらいを達成することはできないのか等、校内で熱い議論を交わされながら見直しをされたことと思います。

また、これからも様々な制限がある中で教育活動を推進することが求められます。そのような状況においても、全面実施されて2年目を迎える学習指導要領の趣旨を踏まえた取組は、必要不可欠です。さらには、中央教育審議会より出された答申「『令和の日本型教育』の構築を目指して」(令和3年1月26日)にありますように、「個別最適な学び」と「協働的な学び」の充実も今後求められてきます。

このような時こそ、校長のリーダーシップを十分に発揮する時です。県小学校長会としては、昨年度に策定した研究主題「確かな学力と豊かな心 健やかな体を育み ともに生きる社会を創る児童の育成」のもと、より一層研究を推進していきたいと思っています。令和5年度には、東海・北陸地区連合小学校長会教育研究岐阜大会を開催する予定です。そこでは、岐阜県の強みである校長会の組織力を最大限に発揮して、それまでの研究実践を発信していきたいと考えています。ぜひ、皆様のご協力をお願いいたします。

1.校長に求められる資質

今、校長に求められる資質とは、どのようなことでしょうか。

校長に求められる資質は、労務管理や人材育成、危機管理など、いろいろあると思います。そこで、私は、まず校長として、様々な課題解決のために、明確な経営ビジョンと具体的な方策を職員に示し、どのような願いで何をするのかを職員と共有することが必要ではないかと思います。

その上で、教頭や教諭が持ち味を生かしてそれぞれの力量を発揮できるように、マネジメントしていくことが大切だと思います。課題の多い今の時代にあっては、多くの人の力が必要だと思うからです。もちろん、その営みのリーダーシップを発揮するのが校長であることは言うまでもありません。

2.向上心をもって学び合う姿勢

校長が学校で取り組むべき課題は実に様々です。例えば、教育課程の改善や学力の向上、いじめや不登校等への対応、防災教育の推進、家庭や地域との連携など、どれも必要なことばかりです。こうした課題に対応する力量を身に付けることは大切ですがすべての内容を校長一人の経験をもとに的確に対応することは難しいことです。

そのような時に、私が頼りにするのがこの小学校長会の研究実践です。どの分科会においても各地区の英知が結集された取組がなされ、自分では気がつかない視点がいくつかあり、たいへん参考になります。何よりも具体的な実践事例を学ぶことができることがとてもありがたいと感じています。

学校が抱える課題は多様化・複雑化している昨今ですが、まず、常に校長自ら学ぼうとする気持ちをもち、お互いに切磋琢磨して学び合いながら、自己の力量を高めていく努力をしていくことが大切だと思います。そして、困った時は気軽に相談し、お互いに支え合える小学校長会でありたいと願っています。