岐阜県小中学校長会 『すべては児童生徒のために』

平成29年度岐阜県中学校長会長 あいさつ

英知と情熱を結集し、気概をもって

岐阜県中学校長会

会長 村井 義史

私たちは、予測困難な時代に、生徒一人一人が未来の創り手となるよう、「社会を生き抜く力」を養成するため、確かな学力の向上、豊かな心と健やかな体を確実に育成する教育を推進する責務を担っています。岐阜県中学校長会は、全会員の英知と情熱を結集し、気概をもってその推進にあたります。

本年度、大切にしたいことは次の3点です。

1 喫緊の課題に組織で対応する

一昨年度、夏季研修総会について「組織のあり方」として見直しを行い、会員の総意で開催継続を決定しました。そして、校長の指導性と課題の適時性の視点から互いに研修を深め、校長会という組織としての総意を、会員が学校経営に生かすという大きな意義を確認しました。いじめに対する危機意識を高める学校体制づくり、入学者選抜や部活動連携への適切な対応、スリム化と多忙化解消など、本年度も喫緊の課題に組織で対応していきます。

2 「校長の指導性」を学び合う

次期学習指導要領が告示され、教育が新しい方向に向かって動き始めます。来年度の全日中鳥取(米子)大会はその趣旨を踏まえています。私たちの研究推進計画も同年度開催の東陸中岐阜大会を見据え、鳥取大会に準拠したものになっています。また、全会員が本年度の全日中東京大会と東陸中福井大会のいずれかへ参加します。どの大会も学校経営力を磨く貴重な機会です。「校長の指導性」を論点に大いに学び合っていきます。

3 東陸中岐阜大会の礎を築く

東陸中岐阜大会に向けて昨年度から準備を進めてきました。本年度は、全会員が一役を担って本格的な準備を進めるとともに、新しく歩み出す9つの分科会が着実に研究実践を積み上げる年、つまり、岐阜大会の礎を築く年です。秋の研究総会岐阜地区大会が一つの節目になります。本会が一枚岩の結束力を高め、岐阜県の中学校教育の一層の向上を図るために、英知と情熱を結集していきます。

事務局:岐阜県校長会館 TEL 058-265-0338

PAGETOP
Copyright © 岐阜県小中学校長会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.